政治

「基地負担増に」「将来に禍根残す」 翁長知事が安保関連法成立批判

 安全保障関連法が19日未明の参院本会議で可決、成立したことについて、翁長雄志知事は同日午前、那覇空港で記者団に対し「浮き足立ってこのようなことをすると、将来に禍根を残す」と述べて政府を批判した。

 また安保関連法の成立により「基地負担が増えるだろうということは容易に推測できる」と沖縄への影響を懸念した。さらに「日本の安全保障と絡めて基地の負担軽減ではなく、さらに強化するようなものが見える」と語った。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス