「投資」で700万円「個人口座」に? 郵便局員2人が不審に思い女性を説得 詐欺被害防ぐ 浦添


社会
「投資」で700万円「個人口座」に? 郵便局員2人が不審に思い女性を説得 詐欺被害防ぐ 浦添 砂辺操浦添署長(左)から感謝状を受け取った浦添郵便局の米須由美子さん(中央)と玉城花菜さん=10日、西原町のサンエー西原シティ(浦添署提供)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 【浦添】浦添署(砂辺操署長)は1月10日、特殊詐欺被害を未然に防いだとして、浦添郵便局員の米須由美子さん(51)と玉城花菜さん(28)に、サンエー西原シティで感謝状を贈呈した。

 署などによると昨年10月、浦添郵便局を訪れた60代女性が投資目的で現金700万円を指定口座に振り込もうとした。振込先が他人の個人口座であったことから、米須さんと玉城さんは女性を説得して、警察に通報した。

 米須さんは家族にも「被害に遭った人を怒らないでほしい。話しやすい環境ができれば被害は防げる」と呼びかけた。玉城さんは「気配りを大事に対応したい」と力を込めた。