有料

沖縄工の大村、重量挙げ大会記録で優勝 「全国選抜は3位以内に」次戦を見据える 県高校新人大会


社会
沖縄工の大村、重量挙げ大会記録で優勝 「全国選抜は3位以内に」次戦を見据える 県高校新人大会 ジャークで71キロを挙げる沖縄工の大村朱音=28日、豊見城高等学校体育館(名波一樹撮影)
この記事を書いた人 Avatar photo 名波 一樹

 県高校新人大会は28日、各地で11競技が行われ、空手の男子形個人はコリンズ・ジョーダン・琉太(前原2年)、女子は具志堅あい(浦添2年)が1位に輝き、男子形団体は前原、女子は浦添が頂点をつかんだ。相撲は無差別級で山城咲武斗(さんと)(中部農林2年)、100キロ以上級で本村史音(同)がそれぞれ優勝した。重量挙げは男子61キロ級で桃原健昇聖(けんせい)(南部工2年)、女子49キロ級では大村朱音(沖縄工2年)が頂点に立った。レスリング男子個人戦は51キロ級で當銘彪之介(南風原1年)、92キロ級は岸本尚眞(北部農林1年)、125キロ級は嶺井元陽(北部農林2年)が制した。剣道は個人戦が行われ、男子は照喜名宙(そら)(嘉手納1年)、女子は島袋美々夏(みみな)(興南1年)がそれぞれ栄冠をつかんだ。


 女子49キロ級の大村朱音(沖縄工2年)がスナッチ、ジャーク、トータルで大会新記録をたたき出し、優勝をつかみとった。

 自信があったというスナッチは、1本目から大会記録を更新した。しかしその後2本連続で失敗したが、「焦りはなかった」。その言葉通り、ジャークも1本目から大会記録を塗り替える好スタート。勢いに乗って挑んだ2本目は重く感じ、フォームを崩して焦った。しかし「立てば差せる、行くしかない」と自らを鼓舞して挙げ切り、さらに記録を伸ばした。

 3本目では足がつり、バーベルを落としてしまう。それでもスナッチは8キロ、ジャークで7キロ、トータルでは15キロと全種目で大会新記録を更新する強さをみせた。「重さでフォームが崩れるのは普段の練習ができていないからだ」と反省は忘れない。「九州は1位、3月の全国選抜は3位以内」と次戦を見据えている。

 (名波一樹)