地域

2万個のビーズで「マインクラフト」表現 きょうだい2人が金賞 読谷・琉球ランタンフェス

金賞に選ばれた植田莉彩さん・康太さんの作品「光る鉱石ブロック」=読谷村の体験王国むら咲むら

 【読谷】一般から募った手作りランタン36作品の中から最優秀賞を選ぶランタンオブジェコンテストの受賞者が、20日に発表された。読谷村の体験王国むら咲むらで開催中の「よみたん夜あかりプロジェクト 琉球ランタンフェスティバル」(主催・読谷村地域活性化連携体、共催・琉球新報社)の一環。来場者投票の結果、金賞には植田莉彩さん(11)・康太さん(8)=読谷村=のきょうだいによる「光る鉱石ブロック」が選ばれた。


 2人は約2万個のアイロンビーズを使用し、世界的人気のゲーム「マインクラフト」の世界を表現した。莉彩さんは「ビーズを並べて模様や色をそろえるのが大変だった。金賞に選ばれてうれしい」と喜んだ。

 銀賞は同じく植田きょうだいの「アフリカ布のお祭り」、銅賞は奥原宗勝さん=読谷村=の「いつもの泡盛残波プレミアム」が選ばれた。金銀銅賞のほか、村内企業などが特別賞として16作品を選んだ。フェスティバルは3月27日まで。
 (石井恵理菜)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス