エンタメ

「うた」へ感謝 嘉手納コンサートに7000人

来場者と一緒になって盛り上げるBEGINとHYら出演者=24日夜、嘉手納町の兼久海浜公園特設会場

 「沖縄からうた開き! うたの日コンサート2017in嘉手納」が24日、嘉手納町兼久海浜公園で開かれた。会場には約7千人(主催者発表)が訪れ、初夏の日差しと潮風を浴びながら、次々と繰り広げられるアーティストのパフォーマンスを堪能した。

 コンサートは、慰霊の日の翌日を「うたの日」と制定し、「うた」への感謝を示そうとBEGINが呼び掛けて01年からスタートした。

 ステージではHYや宮城姉妹、シンガー・ソングライターの藤原さくらさんらが登場し、BEGINと一緒に会場を沸かせた。

 ブラジル・カーニバルの「マルシャ」の要素を取り入れて楽曲を演奏する「マルシャ・ショーラ」の部では90分間、「上を向いて歩こう」や「勝手にシンドバッド」「島人ぬ宝」などの曲に合わせて出演者と来場者が歌い踊った。

 家族と一緒に会場を訪れた久貝裕志さん(34)=うるま市=は「素晴らしい音楽を聴きながら楽しく歌ったり踊ったりできて良かった。子どもたちも喜んでくれた」と楽しげに話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス