戦後75年・言葉を刻む 

 今年は終戦から75年。ささやかな日常、笑い声、青い空…。沖縄ではあの時代、たくさんのものが奪われました。
 戦場を生き抜いた人たちは高齢化し、肉声を聞く機会は失われつつあります。琉球新報の記者たちが取材してきた戦争体験者の声を、過去の紙面や取材ノートから拾い上げ、今を生きる世代につなげます。
 全国各地の地方紙とも連携し、悲惨な戦争を二度と繰り返さないように、体験者の「言葉」を通じてあの時代を見つめ直します。

(記事は随時更新します)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス