東出昌大 オファー急増のなぜ「渡部よりマシ」の声も追い風か

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
崖っぷちから一転、オファーが急増しているという。

「東出さんのもとに、実は驚くほど仕事のオファーが来ているそうなんです! 事務所としても復帰の時期を探っている状況だと聞きました」(芸能関係者)

今年1月23日、『週刊文春』の報道で唐田えりか(22)との不倫が報じられた東出昌大(32)。

妻・杏(34)とのおしどり夫婦ぶりが有名だっただけに、評判は急落。杏は離婚に向け、弁護士を立てたとも報じられている。

そんな“崖っぷち”の東出。だが意外にも今、仕事のオファーが急増しているというのだ。

「ヒール役も含め、映画とドラマを中心に数本。舞台の話も来ているようです。さらに驚くことに、CMのオファーも来ているそうです。保険関係だという噂を聞きました。

『いつ何があるかわからない』と東出さんが真顔で言ったら、インパクトはあるでしょうからね。その話題性をスポンサーは狙っているのでしょうか……」(前出・芸能関係者)

いったい、なぜなのか。テレビ局関係者は、東出の俳優としての価値についてこう語る。

「たしかに東出さんはCM降板で巨額の違約金を支払うことになりました。ただ連続ドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)などは打ち切られることなく放送されるなど、俳優業では損害を食い止めることができたのです。視聴率も激減するどころか、かえって話題性があった。結果、なんとか首の皮がつながったようです。

また、今回の騒動によって東出さんには『主演級じゃなきゃダメ』という制約がなくなりました。そうした起用のハードルが下がったことも、オファーが増えた要因ではないでしょうか」

■「テレビ出演は確実に増える」

そしてもう一つ、東出にとって追い風となる事態があったという。それは、6月11日発売の『週刊文春』で報じられたアンジャッシュ・渡部建(47)の不倫だ。

「渡部さんは、複数の女性と関係を持っていました。また女性を都内の多目的トイレに呼び出したかと思えば、数分後に1万円を渡して帰らせていた。そのため“女性をモノのように扱っている”と非難が殺到したのです。

なかには『東出のほうがまだマシだった』という声も上がったほど。こうした風向きの変化も、少なからずオファーに影響しているようです」(前出・テレビ局関係者)

そんな傾向を喜んでいるのは、東出の出演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を製作したフジテレビだ。別のテレビ局関係者もこう語る。

「3月の謝罪会見では歯切れの悪い回答が多く、かえって悪印象を与えていました。フジとしても『このままでは映画の宣伝を任せられない』として、雑誌取材のみを予定していたそうです。

そうしたなか、渡部さんの“多目的トイレ不倫”が起きました。そのインパクトがあまりにも強烈だったため、東出さんの印象が薄れることになったようです。

コロナ禍で延期になっていた映画の公開日は7月23日に決定。今後、彼のテレビ出演数は確実に増えるでしょう」

「女性自身」2020年7月21日号 掲載



【関連記事】

東出昌大 謝罪会見に実母が同伴!【上半期ベストスクープ】

コンフィデンスマンJP再放送へ…東出昌大に追い風となる理由

唐田えりか「凪のお暇」登場で再燃…騒動4カ月も危機的状況




前の記事コロナ禍での妊娠、出産、育児。助...
次の記事ローラ 年収3億円を総取り!超強...