「アート作品がアクセサリーになったら楽しい。基本はワクワクです」ー本村ひろみの時代のアイコン(45) 美香子(アクセサリー作家)

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


可愛いを可視化するものといえばアクセサリー。
シンプル、デコラティブ、直線、曲線、シルバーとゴールド、レースにリボン、ビーズにパール、ストーンにフリンジ。ロマンティク、ロック、クール、エレガンス。アクセサリーを表現する言葉は想像力を刺激する。気に入った作家のアクセサリーは小さなアート作品。身につけて出かけると心強いお守りのような存在になる。ときおりソッと手で握りしめたくなるような。



美香子さんのアクセサリー作りは中学生の頃から。津堅島に住んでいる祖母を訪ねて遊びに行くたびに、砂浜で貝殻を集めていた。箱に増えていく貝殻を見た、美容師でもあるおしゃれな母親が、ある日美香子さんに「アクセサリーを作ってみたら」と言ったのがきっかけでアクセサリー作りを始めた。貝に穴を開ける道具を買ってもらい工夫してピアスを作った。自分でデザインを考え、世界でたった一つだけのピアスができ上がった時の嬉しさと作ることの楽しさ。貝殻とビーズでピアスやブレスレットをつくり、母やいとこにプレゼントしたら喜ばれた。「その瞬間が忘れられず、それから今までずっとアクセサリーを作っているんです」とはみかみながら話す。

もともと絵を描くのが好きだったこともあり、そのうち自分の絵をアクセサリーにできないかと思い始めた。試行錯誤の末、プラスチックの板に絵を描いてオーブントースターなどで温めて縮める「プラ板」で作品を作り始めた。

絵画がアクセサリーになる!夢中でピアスやペンダントの制作を始めた。



彼女がモノづくりを好きなのは父親の影響を受けている。
5歳の時に他界した父親は木工で遊び道具を作ってくれたり、描いた絵を本にしたりとたくさんの思い出を作ってくれた。父親が残してくれたオリジナルブック「Artisteへの夢」は当時の父親のコラージュ作品が掲載されていて、それは美香子さんにとってインスピレーションの源になっている。


美香子さんの父のオリジナルブック

「残念なことに、子どもの頃、父の本の絵をまねて落書きをしてしまったんです。後になってとても後悔して、お父さんごめんなさいとお詫びの言葉もまた本に書いているんです」。そのすべてが今となっては父と娘の合作のようになっていて、本を見る者はきっとほほえましく感じるだろう。

2年前、それまで自分だけのコレクションとして作り続けていたアクセサリーをギャラリーPIN-UPのグループ展に出展したら、多くの人がそれを手にして笑顔になる瞬間に出会えた。作品への反応を目の当たりにすると創作意欲も湧いた。今は展示会も減り、作ったアクセサリーは手元に増える一方。せっかく心を込めて作った作品だから多くの人に見てほしくて、写真に収めインスタグラムに投稿し続けている。

美香子さんは、パーツを見てイメージを膨らませてからデザインを始める。
たとえばネットでジオラマの小さな人形を見つけたら、それをカプセルに入れてみたり、ネイルの入っていた入れ物(爪の形)に樹脂をいれて作品に仕上げたりと。およそアクセサリーとは関係ないところから、身近なもので作品を手がけたりもする。ミケランジェロやミロのビーナス、フリーダ・カーロなどの有名なアートもコラージュされていてファンキーだ。ブランド名は「Energy(エネルギー)」



創作している時は瞑想状態で呼吸も整ってリラックスしている。そのパワーが、このアクセサリーを身につける人のエネルギーになれば、という思いから名付けた。「これからは立体作品も手がけたい。フィギュアのような大きな作品の制作がいまの課題だ」と夢も語る。

昨年、インスタグラムでメンション(拡散したり話題にすること)してくれた方にアクセサリーをプレゼントするという企画をしたら大きな反響があったそうだ。展示会も思うように開催できない中、作家の皆さんは新しい試みで表現の場を広げている。今回この「時代のアイコン」の記事が公開されたら連動してプレゼント企画の第2弾を予定するとのこと。
美香子さんのインスタグラムをチェックして下さいね。

アクセサリーひとつで印象は変わるしテンションも上がる。
これからの温かい季節に向けてピッタリのピアスを見つけた。
その名も「春にミケランジェロ」。



唇に桜の花びらを付けたミケランジェロとお出かけする。それだけで気分は春爛漫だ。




【美香子(ミカコ)プロフィール】


美香子(ミカコ)

沖縄県出身。中学生の時に海で拾い集めた貝殻を使ってピアスを作成したのがきっかけで、約15年アクセサリーを作り続けてきました。アクセサリーを身につける人の心がワクワクするように思いを込めて作品を作っています。

【Instagram】https://www.instagram.com/mm.ii.kk




【筆者プロフィール】


本村ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学造形芸術科修了。
ラジオやテレビのレポーターを経てラジオパーソナリティとして活躍。
現在、ラジオ沖縄で「ゴーゴーダウンタウン国際通り発」(月〜金曜日 18:25~18:30)、「 WE LOVE YUMING Ⅱ 」(日曜日 19時~20時)を放送中。



WSJ特設サイト

前の記事まんがで伝える沖縄戦 運命を分け...
次の記事大きさにビックリ!道の駅いとまん...