歯が抜けると妖精がやってくる!?☆えくぼママの沖縄子育て☆

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。みはるです。

少し前に息子の乳歯が初めて抜けました。

私が子どもの頃は
下の歯が抜けたら屋根に投げて
上の歯が抜けたら縁の下に投げる
そうしたら丈夫な歯が生えてくる
と言われていたのですが・・・。

今では歯の妖精、“Tooth Fairy(トゥースフェアリー)”が主流のようですね。
 
トゥースフェアリーとは、抜けた子どもの乳歯を枕元に置いて寝ると、妖精が乳歯を持って行く代わりにお金やプレゼントをくれるというアメリカの言い伝えです。

歯が抜けた日の夜。
歯を枕の下に大事にしまって
「お金にかえてくれるの楽しみだな〜♪」
と言う息子に

トゥースフェアリーなんか存在してなかった時代の夫が
「何それ。誰それ。いくらくれるの。俺も親知らず抜いた時やればよかったー!!」
とか言い、
「千円にかえてくれるってよー!」
「いやいや、くれても100円でしょ」と母が言ったら「そうだよねー…」って(息子ふっかけたな)

自分が寝落ちした時のために、
「歯が抜けた子がいっぱいいたら忙しくて今日うちにまで来られないかもしれない」と保険をかけ笑

母は寝かしつけで寝落ちしないように必死に堪えて
寝相の悪い息子の足が枕に乗った頃にそーっとコインと交換。

そして母は抜けた息子の歯を大事にケースにしまいました。
私の兄がふとプレゼントしてくれた名入りの『はのおはなし』という木製の乳歯ケース。



『押し花のように、色々な思い出ばなしを本に挟んでとっておく。いつか大きくなったわが子と話せるように』という「おしばなし文庫」というシリーズ商品なんだそう。
『はのはなし』の他に『手がた足がたのはなし』や『はじめてのえのはなし』など、6種類ほど販売されているようです。

息子は妖精が持って行ったと思っているので決してバレないように。
親はサンタクロースになったり、妖精になったり睡魔と闘いながら忙しい!

これから初めての歯が生え揃っていく娘と
初めての歯が抜けていく息子。
子育てって小さなこと一つ一つが親にとっては大事な思い出だなぁ。と感じた夜。

翌朝、枕の下のコインを見つけて大喜び。
「これは妖精がくれたコインだからずっと取っておくんだ!」と大切にお財布にしまっていました。
(後日忘れて使ってしまうまでがセットです笑)


(えくぼママライター みはる)

 


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


みはる
東京出身。浦添市在住。 元幼稚園教諭であり元保育士。現在えくぼママとして活躍中!
よく言われるのは、元気。いつも笑ってる。よく喋る。
2014年生まれのヤンチャな長男と穏やかな旦那さんとの3人家族。
自然派育児を楽しみながらマイペースに子育て中。
野望は家族で世界中に滞在することが仕事になること☆

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 

 




WSJ特設サイト

前の記事漫画・東京ざっ荘物語「早歩き」
次の記事たまに思い出して食べたくなる店?...