「ボンゴレ風」に「イタリアン風」まで!? 北谷町にあるそば屋のラインナップが凄い【島ネタCHOSA班】

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


北谷町のそば屋に「ボンゴレ風あさりスープそば」など〝変わり種〟の沖縄そばがあると聞きました。いろいろ試してみたいので調査してください!

(那覇市 そばっ子ちゃん)



「ボンゴレ風あさりスープそば」? いったいどんなそばなのか気になりますね~。北谷のそば屋といえば、3年ほど前に「あつおちゃん」という調味料について調査させてもらった「そば&酒膳処 一本松」がありますが…。あっ、そういえばメニューを見て、そばの種類が豊富だったことを思い出しました! そうそう「タコスそば」もごちそうになったっけ。もしかしたら、この店にあるかもしれません。久しぶりに「一本松」の店主・喜友名正春さんに連絡を取ると、「あさり、ありますよ~」との返事。さらに新しいそばも考案したそうなので、またまたごちそうになっちゃいましょうかねぇ。それでは「一本松」へGO!


トマトスープそば⁉


新作のトマトスープそば(850円)。あっさりとしたトマトスープにコクのあるチーズでまろやかな味わい。「冷製トマトスープつけ麺」(750円)もあり

店へ入ると、あいさつもそこそこに「そば食べる? 自分もおなかすいているから作るよ」といって厨房に入っていった喜友名さん。わーい、予定通りおなかをすかせてきてよかった~。

いただいたのは新作の「トマトスープそば」。かまぼこや三枚肉に、チーズも載っています。さて、そのお味は…。お、おいしい。もはや、沖縄そばを食べているという感覚ではありません。赤いスープの見た目と、その味わいが〝イタリア~ン〟な感じ。最後にご飯を注文してリゾット風にして食べるのもいいかも!

「これはスタンプラリーのために、昨年から考えていた新作です。トマトスープやミネストローネが好きなんで、トマトベースのそばを作ってみようかなと思って試作を重ねてきました」

そういえば、今月から「沖縄そばスタンプラリー」が始まりましたね。参加店舗で沖縄そばを食べてスタンプを集めると、沖縄そばの無料券などがもらえるとか。さらに店舗を一番多く回った人は「そばじょーぐー」の称号も与えられるそうですよ。

まかないがメニューに


あさりたっぷり。濃厚な味わいが癖になる「ボンゴレ風あさりスープそば」(800円) ※全て税込

喜友名さんがスタンプラリーに参加するのは今回で2回目。昨年は「ボンゴレ風あさりスープそば」を提供し、好評だったそうです。

こちらは「基本のそばだしに、魚介エキスを隠し味に投入。あさり本来の味を引き出した濃厚な味わい」とのこと。うぉー、おいしそう! 食べてみたい! けど、トマトスープそばを食べたばかりなので、ここはぐっとこらえてメニューにある変わり種そばを少しだけ紹介したいと思います。


北部で捕れた島ダコを持つ店主の喜友名正春さん

まずは「ポーク卵そば」、違和感なく食べられそうです。「マーボー豆腐そば」、これもおいしそう。「三枚肉チーズそば」、肉とチーズとそばと私。きっと相性が良いと思います。「沖縄そばゲッティーナポリタン」、なんじゃそりゃ? と思いましたが、簡単に言えば沖縄そばの麺で作ったナポリタンですね? ちなみに同店は生麺を使っているのでこしがあります。それにしてもいろいろありますね~。

「試作したそばをまかない用に出して、従業員がおいしいと言ったら『じゃあ、出しましょうか』という感じでそばの種類がどんどん増えていきました」と話す喜友名さん。すでに来年のスタンプラリーに向けて、新作のそばを考案中だそうですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 後日、調査員は「ボンゴレ風あさりスープそば」をいただきました。思った以上にあさりがたっぷり! 魚介好きにはたまらないはず。喜友名さん、ごちそうさまでした!





そば&酒膳処 一本松
北谷町桑江586-13
☎098-936-3020
定休日:火曜・水曜

 



(2021年10月7日 週刊レキオ掲載)





前の記事『別れのしきたり 那覇港那覇埠頭...
次の記事私の就活体験記 ―原体験を追求し...