ローソン沖縄 ×商業高校 商品開発プロジェクト アイデア大集合

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で6回目を迎える「商品開発プロジェクト」。県内の商業高校生が考えた商品のアイデアをローソン沖縄が実際に商品化するという企画です。今年の応募総数は139件。ここから書類審査を勝ち抜いた11チームが今月7日にリモートで行われた最終審査会のプレゼンに臨みました。審査の結果、商品化の切符を手にしたグランプリ3チームと、最終審査に臨んだ各チームの商品アイデアをご紹介します。グランプリの商品は、来年1月の発売を目指し本格的な商品開発も始動します。

※発売時は商品名、商品仕様が異なる場合があります



プレビュー中部商業高等学校
紅いもプチドーナツ



4年連続グランプリを獲得した中部商業高校。今年は紅芋ペーストを混ぜ込んだ丸いドーナツを提案しました。サクサク、もちもち食感の生地の中には白あんが入っています。



商品コンセプト

昨年グランプリを勝ち取った中部商業のチームも紅芋を使ったパンを提案しました。そこから、紅芋が県内で人気の素材であると確信し、使用を決めています。紅芋の加工所にも見学へ行き、リサーチをしました。

ドーナツは学校の生徒を対象にアンケートを取った上で試作。要望の多かったもちもち食感のものに決めました。


(左から)比嘉真斐さん、瀬元あかりさん、知花璃々華さん、玉寄愛奈さん


プレビュー名護商工高等学校
 ちぎれる!カボリング



かぼちゃクリームをサンドした丸いパン。かぼちゃの甘みがしっかり感じられます。パンの形は持ちやすさと食べやすさ、ちぎりやすさを考えたものです。生地には小麦粉と大豆粉を使用しヘルシーに仕上げました。
 



商品コンセプト

あまり知られていませんが、かぼちゃも名護市の特産品。食物繊維を多く含むかぼちゃを使用すれば、ローソンのヘルシー志向なパンのラインナップにもぴったりだと判断しました。ビタミン類も摂取でき、お肌の「マスク荒れ」に悩む人にもおすすめです。

手を汚さずに食べられるパッケージも提案しました。


(左から)比嘉りあんさん、大城エナさん、新垣優衣さん


プレビュー那覇商業高等学校
 黒糖クリームパン



胚芽パンにしっとりとした黒糖クリームが入った商品。ひと袋に小ぶりなパンが数個入った商品は、仕事の合間にも食べやすく、マスクを外す時間の短縮にもつながります。胚芽パンのほのかな苦味で黒糖の甘さを引き立てた一品。
 



商品コンセプト

「パッとマスクを外し、パクッとすぐ食べられる」がキャッチフレーズ。小分けのパンは、ローソンの定番シリーズからアイデアを得たもので、買う人が手に取りやすい印象になっています。

クリームに黒糖を使用したことで、県が取り組んでいるサトウキビの生産復興にも役立ちたい、という思いもこめられています。
 


(左から)徳盛優希さん、平良太耀さん


最終審査に臨んだチームの作品!
惜しくもグランプリは逃しましたが、
どのチームもアイデア満載の商品を提案しました!

具志川商業高等学校
もちもちもっち~黒糖パン

黒糖を練り込んだパンを使用したマリトッツォ。2種類のクリームとフルーツを合わせています。若い女性をターゲットに写真映えやSNSでの「バズり」も意識しました。
 



(左から)桑江美於さん、島袋せなさん


具志川商業高等学校
たっぷり野菜とチーズのミネストローネパン

小腹が空いた時に食べられて、野菜不足も補える、ミネストローネを使ったパンです。ニンジン、タマネギ、セロリなど具材の他、生地にはアーサも練り込みました。



(左から)山根沙菜さん、真喜屋香音さん


中部商業高等学校
パインマリトッツォ

沖縄の特産品、パインを応援しようと企画したスイーツパン。白パンで生クリームとパインジャムをサンドしました。「スイーツブームの最前線」を狙うアイデアです。



(左から)伊禮門直さん、瀬良垣佑斗さん、玉城盛太郎さん


中部商業高等学校
ピリッと辛いあぐーみそパイ

県産豚、あぐーを使ったみそをさくさくのパイ生地で包みました。あぐーの使用にあたっては、沖縄県食肉センターを見学。素材としての特徴も学びました。



(左から)渡久山紗希さん、呉屋寿さん、梅森ゆいさん


浦添商業高等学校
天使の紅芋パンケーキ

コロナ禍で消費の落ち込んだ紅芋を応援するアイデア。生地にはペーストと固形、2タイプの紅芋を練り込んでいます。クリームチーズと紅芋ペーストを挟んで完成です。
 



(左から)島尻梨央さん、後原沙奈さん、徳田彩さん、山川さくらさん


南部商業高等学校
もちもち!コロ紅パン

紅芋粉を生地に練り込んだコロネ型のパン。パンの中には紅芋クリームとカスタードクリームも入っています。もちもち食感の決め手はタピオカ粉です。
 



(左から)上原真紀さん、伊森千鶴さん、新垣明里さん、徳里羚さん


那覇商業高等学校
サクトロやみつき揚げタコパン

沖縄県民は揚げ物好きな人が多い、と予想し給食の人気メニューでもある揚げパンを提案しました。チーズとトマトソース、タコスミートがサンドされています。
 



(左から)糸満海さん、新垣駿さん、与那嶺愛里さん


那覇商業高等学校
花笠タルト

ドラゴンフルーツのジャムが載ったタルトを花笠に見立てた一品。SDGsの考えも取り入れ、出荷されないドラゴンフルーツを使うことを提案しました。
 



(後列左から)城間杏莉さん、富永美都さん、宮国天鈴さん




株式会社ローソン沖縄 川畑 賢 専務取締役

昨年に引き続き、リモートでの開催となった最終審査会ですが、コロナ禍の逆境をばねにどんどん進化した内容となっています。県内各店舗のオーナーさんたちもビデオ通話から審査に加わっていただくことで、実際に商品が並ぶ売り場の声を高校生の皆さんに届けていました。

高校生の皆さんからは、地産地消や健康、そしてSDGsも意識したアイデアを出品していただき、今後の沖縄を作る力を感じた審査会でした。



(2021年10月28日 週刊レキオ掲載)


WSJ特設サイト

前の記事沖縄版イカゲーム、誕生![まーち...
次の記事時代に求められ 沖縄が作ったバン...