「情操教育」にぴったり あの絵本が舞台朗読&創作バレエに ☆えくぼママの沖縄子育て☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

〝生〟の体験を大切に


こんにちは。みはるです。

よく耳にする「情操教育」という言葉。
子どもにとって良いことなんだろうけど・・・。
どうやって、何をするのが良いの? と思う方も多いはず。

情操教育は「心を育てること」を目的としたもの、だそう。

息子が生まれてから、私が大切にしていることの一つが、絵本を毎日読むことです。
一番始めやすい「情操教育」だと思います。
いろいろなお話に触れることで想像力が豊かになり、さらには集中力や記憶力も上がると言われています。
とはいえ我が家ではそんなに難しく考えず、いろいろな視点から考えたり、いろいろな思いを想像できたりする子になってほしいなと思って続けています。

絵本以外にも劇やエイサーなどの伝統芸能や美術、自然活動など、できる範囲で「生」の経験をできるようにしています。
そこから子ども自身が感じたものを大切にしてほしいと思っています。

夏休み最後の思い出に オススメ公演
「100万回生きたねこ」


今日はそんな私がオススメの公演情報をご紹介します♪
8月26日に、私も大好きな絵本「100万回生きたねこ」の舞台朗読と創作バレエをコラボさせた公演会が開かれるそうです。

チラシを見た瞬間に、行きたい!!!息子に観せたい!!!と思った私。

「100万回生きたねこ」は死をテーマにしたお話です。
それを絵本で、ねこが主体で伝えることで、ただ言葉で伝えるよりも子どもたちには伝わるものがあると思います。
大人になってから読んでも考えさせられる素晴らしい絵本です。

その絵本の朗読をバレエで表現するんだそう。
なんて素敵な企画でしょう!

この企画をされたのは「沖縄県私立幼稚園連合会」だそうです。
沖縄県は子どもの数も待機児童の数も多い県ですが、共働き世帯が多いので保育園に通っている子が多いかと思います。
預け先として私立幼稚園も見てみよう!と思っても、どんなところがあるのか、園ごとにどういう特色があるのかを一つ一つ調べるのは、なかなか難しいですよね。
今回の公演会場では連合会に加盟している幼稚園のパンフレットの配布も行われるそうです。
公演だけでなく、私立幼稚園についていろいろな情報をもらいたい方は是非パンフレットもゲットしてくださいね♪

お子さんと一緒に素晴らしい物語に触れられるチャンスです!
公演の日にちが迫っていますので気になった方はお早めに♪

 

*イベント詳細*

日時・8月26日(土) 一般午後の部 開場13時30分 公演14時〜15時20分

場所・浦添市てだこホール 大ホール(浦添市仲間1−9−3 ℡098−942−4360)

入場料・中学生以上2000円、4歳以上〜小学生1000円、4歳未満無料

チケットプレイガイド・加盟私立幼稚園、環バレエアートスタジオ(098−892−8756)、浦添市てだこホール(098−942−4360)、コープあぷれ(098−941−8000)、デパートリウボウ(098−867−1171)

ホームページhttp://okishiyou.org/



(えくぼママライター みはる)

 


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


みはる
東京出身。浦添市在住。 元幼稚園教諭であり元保育士。現在えくぼママとして活躍中!
よく言われるのは、元気。いつも笑ってる。よく喋る。
2014年生まれのヤンチャな長男と穏やかな旦那さんとの3人家族。
自然派育児を楽しみながらマイペースに子育て中。
野望は家族で世界中に滞在することが仕事になること☆

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 

 




WSJ特設サイト

前の記事ここは糸満の天国か~☆「俺の漁港...
次の記事有名人になら何を言っても大丈夫?...