「行き詰ったら、外に出てみる」 世界最先端で学んだシンプルな思考方法 Ryukyufrogs 10期生 アメリカ・シリコンバレー研修レポート

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄からアントレプレナーシップ(起業家精神)を身に付けた次世代リーダーを育てる人財育成事業「Ryukyufrogs(リュウキュウフロッグス)」。2007年から始まり、2018年で10年を迎えます。

ことし選抜されたフロッグス10期生6人は、8月の米国シリコンバレー研修などを通して、身近な社会課題を解決するためにサービスの構築に向けて準備を進めています。

12月8日、9日に開催される、沖縄からイノベーションを発信していくイベントLEAP DAY(https://www.leapday.jp/)」では、その成果を発表します。

 



仲座 愛乃
沖縄県立開邦高校2年




やるか やらないか
人生はシンプルにその2つ


Q.「Ryukyufrogs」に参加しようと思った理由やきっかけは。

私がRyukyufrogsに応募しようと思う最初の切っ掛けとなったのは、高校1年の時に学校で配布されたフライヤーに書かれていた「やるか やらないか 人生はシンプルにその2つ」という言葉でした。それまでの私は勉強や部活動、生徒会活動などを積極的に行っていたので、「やるか やらないか」と言われれば私の16年の人生は当然前者に該当しているだろうと考え、ごく自然な流れでRyukyufrogsへの扉を叩きました。

しかし現実は想像とは大きく異なりました。Ryukyufrogs9期の説明会に参加した時目の当たりにしたのは私より何倍も積極的に行動している人々の姿で、その時初めて自分の積極性は「学生」という枠に留まるものでしかないという事に気が付き、門前払いされた様な気がして悔しさと情けなさを感じました。

それから1年間、「学生」の枠を超えた積極性を手に入れる為に様々なセミナー等に足を運び、沢山の学びや人との繋がりも得ることが出来ました。

そして今年の夏、自分が将来どんな形で社会に参画していたいかという明確なビジョンを掲げ、それを現実化する為にRyukyufrogs10期生に応募しました。




関わることのない人と、
どう出会うのかが大切


Q.一連の研修を通して、最も印象に残っていることは?



「自分とは正反対の人、普段関わる事がない人と関わった時、新しいアイデアが生まれる」

シリコンバレー滞在期間中に訪れたbtraxという企業のCEOであるブランドンさんのこの言葉が印象に残っています。

私はその時まで中々良いアイデアが浮かばない時には机に向かって頭を悩ませていましたが、そうしていると更に悩む一方でした。

ブランドンさんの言葉を聞いた時から、行き詰まったらまず外に出ようと心掛けるようになり、実際に外に出ると次から次へと様々なアイデアが浮かぶ事が分かりました。




失敗を恐れない強さと、カッコ悪さ


Q.シリコンバレー研修を終え、自身の変化について



私は今まで要領良く危険を避けた道を通って進む人生を送ってきました。しかし、世界に革新を起こすには誰もが普通は避ける道でも勇猛果敢に進む事が必要であるとシリコンバレー研修を通して感じ、「自分らしくない」「カッコ悪い」と思ったとしてもひたすら前に進もうと踠いた事で、失敗を恐れない強さを手に入れる事が出来たと思います。

そんな強さを手に入れる事が出来たのは、同じRyukyufrogs10期生として共にシリコンバレーへ訪れた5人の姿を間近で見ていたお陰です。英会話があまり得意ではなかったメンバーが現地の人に果敢に話し掛けに行ったり、開発中のサービスに関して厳しい意見を言われたメンバーが自分の集めたデータを元に意見を覆させたりなど、それぞれが失敗を恐れずに挑戦する姿を見て、私も行動する事の大切さを学べ思います。




今開発中のサービスについて



今、私の周りでは多くの学生が夢に向かって努力しています。しかし、中には夢を叶える為に何をするべきなのか分からなくなったり、中々前に進めず行き詰まってしまう学生も居ます。私はそんな学生たちの夢実現をサポートしたいという思いを持って現在サービスを開発しています。学生がそれぞれの進みたい道を見付けた時、その道の先を進む人と繋がれる様なサービスを目指しています。




~ プロフィル ~


仲座 愛乃 17歳

開邦高校学術探究科学術理科2年

趣味:音楽鑑賞




日付 … 2018年12月8日(土)、9日(日)

場所 … 琉球新報ホール、他

LEAP DAY 2018はチケット制となっております。事前にチケットをご購入ください。

◇詳しい情報や事前申し込みは、Ryukyufrogs のLEAP DAY 2018特設サイトから


https://www.leapday.jp/



WSJ特設サイト

前の記事一緒に快適な形、築こう! 100...
次の記事佳子さま“小室さん問題”の余波 ...