やりきった先に見える景色目指して Ryukyufrogs 10期生 アメリカ・シリコンバレー研修レポート

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄からアントレプレナーシップ(起業家精神)を身に付けた次世代リーダーを育てる人財育成事業「Ryukyufrogs(リュウキュウフロッグス)」。2007年から始まり、2018年で10年を迎えます。

ことし選抜されたフロッグス10期生6人は、8月の米国シリコンバレー研修などを通して、身近な社会課題を解決するためにサービスの構築に向けて準備を進めています。

12月8日、9日に開催される、沖縄からイノベーションを発信していくイベントLEAP DAY(https://www.leapday.jp/)では、その成果を発表します。

 



津覇 誉一
明治大学政治経済学部経済学科2年




離れて気づいた沖縄への思い


Q.「Ryukyufrogs」に参加しようと思った理由やきっかけは。

僕は高校まではずっと沖縄にいましたが、東京の大学に進学して外から沖縄を見るようになりました。それまでは「早く東京に行きたい」などと思っていましたが、外に出てからの方が沖縄の良さや、自分がとても沖縄が好きだなということに気づくようになりました。そして、漠然と「沖縄に何か貢献できたらいいな」と考えるようになり、周りの沖縄からの友人ともそのような話をしていました。

今年の春に留学から帰国した後、何かこの夏に挑戦できることはないかなと考えていると、ある日友人から連絡がきて「きっと誉一もこんなの興味あるだろ?」と言われ、そこで初めてRyukyufrogs の存在を知りました。調べてみるとすごく面白そうなプログラムで、自分の漠然とした沖縄への思いも重なり、とてもワクワクしました。すぐにやりたいと思い、実は一度山崎さんに直接メールして、参加できるかどうか聞いたくらいでした。

高校までは本当に部活動ばかりの生活で、2年前の自分では想像もつかないほど、いろんな刺激を受けて変化していると思います。あのタイミングで出会えて、そして挑戦できていることはとても幸運でした。教えてくれた友人も、応援してくれている家族や周りの人にもすごく感謝しています。




迷いの中で出会った言葉


Q.一連の研修を通して、最も印象に残っていることは?



特に印象に残っているのは、やはりシリコンバレーでの10日間です。毎日毎日、頭が追いつかないほど色々な刺激を受けて、すごく濃密な時間でした。その中でもTakeoff Pointの石川さんの話がとても印象的で、自分から何事も積極的に行動してとりにいく姿勢と周りの人を巻き込むことの大切さを学びました。そこから少しずつではありますが、教えていただいたことを実践できるように心がけています。

もう一つは、最終プレゼン前日の山崎さんとの会話です。

シリコンバレー研修中にたくさんのフィードバックを受け、当時取り組んでいたサービスにもとても迷いがありました。このまま進むべきか、違うサービスをやるのか、それとも他のチームにジョインするのか・・・すごく苦しい時間でした。その週末は、予定としてはサンフランシスコに観光するはずだったのですが、最終プレゼンに向けてしっかり考えたいと思いホテルに残っていました。その時に思いきって山崎さんに相談して、「やりきったやつにしか見えない景色がある」という言葉がすごく響いて、改めて自分がなぜRyukyufrogsに参加しているのかと考え、自分自身でサービスに取り組みたいと決意しました。

この二つがとても印象的で、この経験がすごく今自分の支えになっています。




周囲に頼る強さ


Q.シリコンバレー研修を終え、自身の変化について



米国研修時に石川さんに教えてもらったことを実践するようになりました。今までは何事も自分でやろうとか、自分だけで考えてしまうことが多かったですが、今は自分でできることと同じくらい、周りの人を頼ることって大事だなと感じています。やっぱり自分一人では絶対にできないことばかりで、とにかく色んなところに飛び込み、多くの人の意見を聞いて協力してもらっていて、そのおかげですごいスピードで進められているなと実感しています。ただたくさん支えられているからこそ、誠実で謙虚な姿勢や、『依存』にならないように自分自身も成長することをいつも心がけています。今まで全く触れてこなかったプログラミングなども少しずつ勉強し始めたり、色々なインプットを行い、泥臭くいいアイデアを追い求めるようになりました。




今開発中のサービスについて



僕は、離れていても写真をすぐに届けて家族をつなぐサービス『まごころポスト』を開発しています。便利さや効率ではなく、“温かみ”のある家族のコミュニケーションを実現するための、リビングにおけるデジタルポストを作っています。家族の形態の変化で、離れて暮らすことが増えている現代でも、日常にリアルな家族のつながりを感じるきっかけを届けます。

僕はこのプロダクトを作って、自分のおじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらいたい!そして、よりハートフルな社会づくりに貢献したいです!

LEAP DAYでは自分の思いを、全力で伝えたいと思います!応援よろしくお願いします!




~ プロフィル ~


津覇誉一(つは よいち)

年齢
 20歳 (1998/10/1)

所属
 明治大学政治経済学部経済学科2年

趣味や興味
 筋トレや体を動かすこと
 スポーツ観戦(特にNBAや欧州サッカー)
 海外ドラマや映画を見ること




日付 … 2018年12月8日(土)、9日(日)

場所 … 琉球新報ホール、他

LEAP DAY 2018はチケット制となっております。事前にチケットをご購入ください。

◇詳しい情報や事前申し込みは、Ryukyufrogs のLEAP DAY 2018特設サイトから


https://www.leapday.jp/



前の記事ドルガバ炎上問題から考える。「批...
次の記事沖縄市の中央パークアベニューで多...