政治

承認取り消しを歓迎 稲嶺名護市長

翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しを歓迎する稲嶺進名護市長=13日午前11時50分、名護市役所

 【名護】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設をめぐり、翁長雄志知事が前知事の埋め立て承認を取り消したことについて、移設先である名護市の稲嶺進市長は13日午前、市役所で記者団の取材に応じ「県民もいつかと期待していた。その日がとうとうやってきたなという感じだ。全面的に知事の発表と行動を支持する」と知事の判断を歓迎し、支えていく考えをあらためて示した。

 国が取り消しを無効として移設に向けた作業を進める考えを示していることについて「(取り消しは)知事として効力を持つ決定だ。法治国家というなら(国は県の判断に)従うべきだ」と話した。

 会見には稲嶺市長を支持する与党市議も出席した。【琉球新報電子版】