スポーツ

最新の竿でガーラ攻略

 石垣在住の下里肇さんは時間があると、近日発売されるダイワのガーラモンスターのテスト釣行を重ねている。この1年近くで12.9キロ、29.8キロのガーラ(ロウニンアジ)を釣り上げた。ホームグラウンドのサザンゲート周辺は潮の流れが速く、小潮の時に竿(さお)を出すことが多い。2月14日も小学5年生の次男を連れて、ガーラを狙って竿を出した。

 島ダコを餌に70メートルほど投げ込んで待っていると30分ほどでアタリがあり、グーンと竿が大きく引き込まれた。すかさず竿を持ちフッキングを入れると、リールからものすごい勢いでラインが引きずり出された。
 沖に向かって50メートルほど走ったところで止まると、今度は右に左に走り回り抵抗を繰り返した。ラインがPE5号なので無理はできない。慎重にやりとりをして、15分ほどで足元まで寄せた。次男に竿を預け、ギャフを掛けて21.5キロのガーラを釣り上げた。
 これまで数々の大物を釣り上げてきた下里さん。硬い竿だと釣り人への負担が大きいだけで釣り上げるのに苦労する。強烈な引きを和らげる柔軟性と、ガーラのパワーに負けない強さを併せ持つ竿に仕上がったと自慢げに笑った。
(おきなわ釣王国社・仲栄真修)


2月14日、石垣島サザンゲートブリッジ横で21.5キロのガーラを釣った下里肇さん

17日、共同サイロで3.1キロのアオリイカを釣った名城健作さん

14日、浜田漁港で103センチ・11.7キロのキハダマグロを釣り上げた漢那憲康さん

14日、泡瀬一文字で71センチ・1.72キロのタマンを釣った國仲準さん(TNFC)

11日、北谷海岸で46.7センチ・1.2キロの尾長グレを釣った目取真正哉さん

4日、西崎で45センチ・1.5キロのチヌを釣った賀数真吾さん

14日、糸満釣り筏でチバー42センチ・1.08キロとミーバイ58センチ・2.11キロをダンゴ釣りで釣った安次嶺淳さん

14日、浜田漁港で88.3センチ・7.9キロのオニヒラアジを釣った平田誠さん

13日、宜野湾海岸で66センチ・4.26キロのタマンを釣った玉城伸一さん(S・F・C)


琉球新報