社会

県内への震災・原発事故避難者は707人 県議会で知事公室長

 県議会2月定例会は25日、代表質問3日目の質疑を行った。東日本大震災や原発事故後の沖縄への避難者数について、町田優知事公室長は「2月1日現在で707人となっている」と説明した。糸洲朝則氏(公明県民無所属)への答弁。

 昨年8月に起きた第一航空の那覇―粟国間の定期便事故に関し、運航再開の見通しについて謝花喜一郎企画部長は「第一航空によると、再発防止策や社内体制の強化など国土交通省による安全運行の確認がされた時点で就航時期を明らかにするとしている」と答えた。【琉球新報電子版】