スポーツ

きょう号砲、選手熱気 久米島トライアスロン

 【久米島トライアスロン取材班】第2回久米島トライアスロン大会(同大会実行委員会主催、県・琉球新報社共催)が28日、久米島町を舞台に開催される。個人の部に209人、リレーの部に11組39人がエントリーした。選手たちは午前8時に同町のイーフビーチをスタートし、スイム2キロ、バイク47キロ、ラン20キロの総距離69キロのコースに挑む。


大会前に意気込みを見せる参加者ら=27日午後、久米島町のリゾートホテル久米アイランド

 同大会は、日本国内で最も早いトライアスロン大会となる。
 大会前日の27日は、リゾートホテル久米アイランドで選手受け付けと競技説明会が開かれた。
 説明会では悪天候を心配する声も上がったが、選手たちは「エイエイオー」と気勢を上げ、完走を誓った。



琉球新報