社会

18日に海上パレード 船上と浜から抗議

座り込みで18日の海上パレートと抗議集会参加を呼び掛けるヘリ基地反対協の安次富浩共同代表(左から3人目)=17日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、基地の県内移設に反対する県民会議は18日午前9時半から名護市の大浦湾海上と瀬嵩の浜で海上パレードと抗議集会を開く。17日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込む市民ら約40人を前に、ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表があいさつし、多くの参加を呼び掛けた。
 海上パレードでは船が約10隻出航し、大浦湾への大型コンクリート製ブロック投下に対し、抗議のシュプレヒコールを上げる。船には先着60人が乗船可能で、主催者は乗船希望者に対し、午前9時半までに名護市の汀間漁港に集合するよう求めている。抗議集会には約100人の参加を目指す。
 座り込みで安次富共同代表は「民主主義は国から与えられるものではなく、このような闘いから作り出していくものだ」と強調した。
 シュワブでは午前9時ごろ、再生砕石などを載せたとみられる大型トラック9台が工事車両用ゲートから基地内に入った。機動隊員約60人が座り込む市民ら約40人を強制的に排除した。
 一方、海上では大型クレーン船の1隻が午前9時15分ごろからブロックを投下している。午前10時15分現在、少なくても5個を投下したとみられる。もう1隻もクレーンは上がっているがブロックの投下をしているかは不明。
 新基地建設に反対する市民らは抗議船3隻、カヌー13艇で抗議行動をしている。【琉球新報電子版】


大型コンクリート製ブロックを投下する大型クレーン船=17日午前9時30分ごろ、名護市の大浦湾