エンタメ

岸本監督が新作製作発表 座間味島ロケ「こころ、おどる」

最新作「こころ、おどる」の岸本司監督(左)と出演者の吉田妙子さん(中央)、尚玄さん=17日午前10時、県庁

 「アコークロー」「沖縄を変えた男」などを手掛けた県出身の岸本司監督の新作映画「こころ、おどる」(株式会社ファンファーレ・ジャパン制作、琉球新報社特別協賛)の製作発表会見が17日午前、沖縄県庁であった。

 「こころ、おどる」は2015年に岸本監督が製作した30分の短編映画を長編化した。座間味島にある花城ハナ役の吉田妙子さんと花城雄飛役の尚玄(しょうげん)さんが経営する民宿を訪れた人たちの人生を描く。

 岸本監督は「オール座間味ロケで撮影する。島の自然や料理、人の魅力を伝えながら夫婦や親子、家族の人生を変える沖縄のパワーを表現したい」と話した。短編にも出演した吉田さんは「もう一度この作品に携われてうれしい。美しい座間味島や沖縄の魅力を伝えたい」とアピールした。

 同作は県の観光PRを目的とした「沖縄ロケ製作支援事業」に採択されている。撮影は今月22日~3月10日に座間味島で行われ、公開は2018年を予定している。【琉球新報電子版】