地域

国頭に新スイーツ 「いもがたり」村産安納芋、甘く

国頭村産安納芋を使った新商品「いもがたり」を宮城久和村長(左)に手渡す国頭村観光物産の金城茂社長=19日、国頭村役場

 【国頭】国頭村観光物産(国頭村、金城茂社長)は国頭村産の安納芋(あんのういも)を使った手作りのパウンドケーキ「いもがたり」を開発した。金城社長らが19日、国頭村役場を訪れ、宮城久和村長にケーキを手渡した。5月1日から発売予定。国頭村の道の駅「ゆいゆい国頭」の「Yui Cafe(ゆいカフェ)」でのみ購入できる。保存料を一切使用しておらず、しっとりとした食感と安納芋の甘みが特徴。5個入り800円(税別)、10個入り1350円(税別)。


国頭村産安納芋を使った新商品「いもがたり」

 村内で安納芋を生産する農家から、付加価値の高い商品開発の要望の声が上がり、国頭村観光物産が企画。開発に当たって、国頭村地域産業活性化事業の約100万円の助成金を活用した。金城社長は「国頭村でしか買えないので、国頭を訪れた時にぜひ味わってほしい。今後はいろんな特産品を作っていきたい」と意欲を示した。宮城村長は「国頭村産の特産品で、県外に行くときなどのお土産に持って行こうと思う」と話した。