政治

海保、一時20人拘束 辺野古

カヌーで浮具(フロート)内に入り、海上保安庁のゴムボートに引き上げられる市民ら=30日午後0時20分すぎ、名護市辺野古

 米軍普天間飛行場移設に向けた名護市辺野古沖の新基地建設工事で30日正午ごろ、市民らが海上に設置された浮具(フロート)内にカヌーで次々に入り、海上保安官に取り押さえられた。市民20人が海上保安庁に拘束されたが、午後1時現在、全員が解放され辺野古漁港に戻った。ボーリング(掘削)調査のために設置されたスパット台船に接近した市民もいた。

 市民らは米軍キャンプ・シュワブのゲート前に加え、辺野古漁港に隣接する浜にもテントを設置し、集会を開いた。家族連れや高校生も参加し「新基地建設反対」「ボーリング調査を中止せよ」と声を上げた。
 掘削作業は午後1時現在、確認されていない。
【琉球新報電子版】