政治

山城議長ら2人が米軍当局に拘束 現在は名護署へ

沖縄平和運動センターの山城博治議長ら2人の身柄を拘束している名護署を取り囲み、解放を訴え拳を突き上げる市民ら=22日午後3時56分、名護市東江

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対するため芸軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議行動をしていた平和運動センターの山城博治議長ら2人が23日、ゲート前の日本人警備員に確保され、その後米軍当局によって基地内に拘束された。現在2人は名護署へ身柄が移され、取り調べを受けている。

 ゲート前で実施された「国の横暴・工事強行に抗議する県民集会」終了後、参加者らが名護署の前には約500人が駆け付け、「仲間を返せ」などとシュプレヒコールを上げた。 【琉球新報電子版】