<金口木舌>シエスタのすすめ

 シエスタ(昼寝)しよう―。社員に昼寝を推奨する動きが大手企業でも広がり、働き方改革の先取りと注目されている。パジャマや布団の貸し出しまで徹底する会社も

▼さらに先取りしていたのか、県庁には昼食後のわずかな時間を睡眠に充てる職員が少なくなかった。ある企業はシエスタ導入の意義として、勤務時間よりも仕事の密度や成果を重視するという
▼シエスタはスペインやイタリアなどラテン圏での習慣。各国では観光客相手の店も午後になるとしっかり閉店する。「シエスタ」文化の幅の広さを感じる
▼イタリアでは米軍機もシエスタを邪魔してはならないそうだ。イタリア側が管理権を持ち、米軍基地にもイタリアの法律が適用される。6月まで本紙で連載した「駐留の実像」で島袋良太記者が詳しく紹介している
▼政府は2020年の東京五輪に向けて羽田空港の国際線を増便するため新飛行ルートを計画する。ただこのルート、米軍横田基地の航空管制空域にかかる。ここへ来て米側との調整が難航して運用できない恐れも出てきた
▼日本は米国に主権を主張できない国らしい。日米地位協定の見直しを申し入れるだけの能力も勇気もないのか。先の知事選で政府与党が推した候補も地位協定改定を公約に掲げていた。五輪を成功させるために「改革」すべき対象だと思うが、安倍首相どうでしょう。