<南風>楽しく輝く農家

 沖縄でとれる島野菜は美味(おい)しいだけじゃなくて、栄養価がすごく高いんです。香りや味、色合いも濃い野菜が多く、ビタミンミネラルもたっぷりで生命力も強いため、日持ちもします。

 島野菜を育てている農家さんにも困り事がありました。野菜を作り過ぎてしまったときに、食べきれないことです。もったいないから、とご近所さんにおすそ分けし過ぎると相手にも気を使わせてしまいます。そのため、せっかくできた野菜も畑にすき込んでしまうこともありました。ある農家さんとの出会いも、この悩みがきっかけでした。

 来店したお客さんから「親が野菜を作り過ぎて困っているんです、こちらに置かせていただいていいですか」と相談がありました。ぜひ持ってきてください!とお伝えすると、なんとその日の夕方にはたくさんの大根を持って来てくれました。それからは思う存分農業にチャレンジし、納品してくれています。初めて納品してから8年間作り続けて、今では沖縄産の有機コーヒーも栽培しています。

 教師を退職した方や事業承継をした経営者が、第二の人生として農業を始めるケースもあります。もともと先生だったこともあって、とっても研究熱心です。畑の環境や土作りについて常に勉強し、野菜と真剣に向き合っています。第二の人生に農業を選び、活躍されている姿は活(い)き活(い)きとして輝いています。

 「酵素を作りたい!」というお客さんの気持ちに応えて酵素作り専用の野菜を作る農家さんもいます。最近では若手農業経営者も続々と参入しています。

 安全安心な野菜を作り、愛情いっぱいで楽しい農業をしていただき、嬉(うれ)しく思います。これからの農業を担っていく人たちを応援するお店であり続けられるように、今日もハッピーモア市場(宜野湾市志真志)は精いっぱい頑張っていきます。
(多和田敬子、ハッピーモア市場取締役)



関連するニュース