地域

陽光に誘われ クイナつがい 仲むつまじく 国頭村安波 求愛行動も

(左)農道に現れたつがいのヤンバルクイナ (右)雌のヤンバルクイナの背に飛び乗り、交尾する雄=22日午前、国頭村(又吉康秀撮影)

 【国頭】国頭村安波の農道で22日午前、国の天然記念物ヤンバルクイナのつがいとみられる2羽が交尾する様子が確認された。2羽は羽繕いをするなど愛らしい姿を見せた。

 柔らかな朝日が注ぐ午前8時半ごろ、草むらからクイナ1羽がひょこっと顔をのぞかせた。羽繕いをしていると、後方からもう1羽が現れ、仲むつまじく寄り添った。

 環境省によると、繁殖期は3~7月。この日は求愛行動も見られ、本島北部で一足早い春の訪れを感じさせた。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス