スポーツ

8球団始動 県内でキャンプイン プロ野球

多くの報道陣やファンに囲まれて、沖縄入りした北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手=1月31日、那覇空港到着ロビー(渡慶次哲三撮影)

 プロ野球は1日、12球団がキャンプインする。うち8球団が沖縄に集結、県内各地でトレーニングを行う。31日、北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスの3球団が相次いで沖縄入りした。

 北海道日本ハムファイターズが到着する時間には、ドラフト1位ルーキー大谷翔平投手(花巻東高)の姿をひと目見ようと、観光客やファン、報道陣など200人を超える人が集まり、那覇空港到着ロビーは大混雑、注目度の高さをうかがわせた。栗山英樹監督らには、次々と「めんそーれ」の言葉や指笛が響き、周囲は歓迎ムードに包まれた。
 「歓迎 日ハム大谷投手」という手作りの幕を掲げて大谷投手を出迎えた、在沖岩手県人会「美ら・めんこい会」の菊地稔さん(72)=那覇市=は「大谷君は岩手の星。日ハムで頑張って、被災地に元気と夢を与えるプレーをしてほしい。2日は県人会の皆で国頭まで行き、声援を送りたい」と笑顔で話していた。

英文へ→Eight professional baseball teams visit Okinawa for training camps