政治

仲井真知事、日台漁業協定発効「残念で遺憾」

日台漁業協定の発効について強い不快感を示す仲井真弘多知事=10日午前、県庁

 仲井真弘多知事は10日午前の定例記者会見で、尖閣諸島周辺海域の漁業権に関する日台漁業協定に関し、操業ルールが策定されないまま同日発効されたことについて、「極めて残念で遺憾だ。(日本)政府のやり方は乱暴だとしか言いようがない」と強い不快感を示した。その上で「漁業はしないといけない。トラブルが発生しないように願うばかりだ」と述べ、不測の事態が発生した場合は、日本政府と台湾側が速やかに対応するよう求めた。

 協定締結に関する日本政府の姿勢について仲井真知事は「沖縄の頭越しに(台湾側に)大盤振る舞いの決め方をした。当然すぐに収まる話ではない。納得いくまで説明は求め続けていきたい」とあらためて批判。「沖縄と台湾は近く、昔から仲良くやってきている地域だ。こういうことで琉台関係がおかしくなる方が、むしろおかしい」と指摘した。
【琉球新報電子版】
YouTube




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス