社会

きょうから本島で平和行進 平和への思い新たに 那覇で結団式

約480人が参加した第37回5・15平和行進全国結団式=15日、那覇市のパレット市民劇場

 沖縄が日本復帰して42年を迎えた15日、第37回5・15平和行進全国結団式(5・15平和行進実行委員会、沖縄平和運動センター主催、フォーラム平和・人権・環境協力)が那覇市のパレット市民劇場で開かれた。

全国から約480人(主催者発表)が参加した。政府が進める辺野古新基地建設阻止、改憲や集団的自衛権行使容認への反対などの諸課題を確認、16日から始まる平和行進への思いを新たにした。
 主催者を代表し、実行委員長の山城博治沖縄平和運動センター議長は「憲法を変え、戦争へとひたすら走りまくる安倍内閣の下、沖縄は戦争の最前線に据えられようとしている」と危機感を表し、平和へ向けた全国の連帯を呼び掛けた。
 平和行進は16日午前9時から名護市辺野古で開く東、西、南の3コース合同の出発式を皮切りに始まる。参加者は県内各地の米軍基地や沖縄戦の激戦地を縫って歩く。「5・15平和とくらしを守る県民大会」は18日午後2時から、宜野湾海浜公園屋外劇場で開く。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス