政治

追加搬入で騒然 シュワブゲート前

 【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに24日午後9時半ごろ、トレーラー約20台が新基地建設に伴う資材を運び込んだ。資材の搬入は22日未明に続き3度目とみられる。

ゲート前では基地建設に反対する市民ら約40人と警察が衝突し、現場は一時、大混乱となった。
 日中はシュワブの大浦湾側の浜で、桟橋工事が昨日に続き行われた。現場ではトラックで運ばれた砂利を重機で広げて整地し、クレーンを使って鉄板が敷き詰められた。桟橋工事は22日から始まっている。桟橋から浮標灯(ブイ)などを作業船で海域に運び出すとみられる。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス