経済

イオンモール沖縄ライカム開業 波及効果に期待

開店と同時に多くの買い物客でにぎわうイオンモール沖縄ライカムの店内=25日午前、北中城村

 北中城村の米軍泡瀬ゴルフ場返還跡地に建設が進められてきた、イオンモール(千葉県、吉田昭夫社長)の開発・運営する大型複合商業施設「イオンモール沖縄ライカム」が25日午前9時、全面開業した。米軍施設跡利用の新しい事例を示すと同時に、中部圏域のみならず県全体に経済効果をもたらす施設として期待される。

さらに「リゾートモール」をコンセプトとしていることから、国内外の観光客を呼び込む拠点としても注目を集めている。
 グランドオープンを待ちわびる約1万1千人(イオンモール発表)の列ができ、開店を告げるカウントダウンとともに一斉に入場した。国道330号ライカム交差点から南北それぞれ2キロ近い渋滞ができるなど、多くの人出となった。
 沖縄ライカムは敷地面積17万5千平方メートル、店舗面積7万8千平方メートルで県内最大規模の商業施設。沖縄初出店116店舗を含む専門店228店舗で構成される。
 沖縄ライカムはイオングループ初の「リゾートモール」をコンセプトに打ち出し、沖縄を訪れる国内外の観光客の誘客にも力を入れながら、年間1200万人の集客目標を掲げている。
 イオンモールによると、22~24日の3日間に近隣住民らを先行して招待したプレオープン期間に計21万人の来場があった。
英文へ→AEON MALL Okinawa Rycom opens




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス