地域

わがまま「カーコ」人気者 甘えるカラス、人間嫉妬も

飼い主の比嘉明さんの太ももの上に乗っかり甘えるカーコ。何かを話し掛けている=26日、名護市喜瀬

 【名護】名護市喜瀬にすむカラスの「カーコ」が、地域でちょっとしたアイドルになっている。飼い主の比嘉明さん(60)のそばに、ちょこんとたたずみ離れないカーコ。かわいらしい姿に、近くのゴルフ場に向かう客がカメラを向けるという。比嘉さんは「ほかのカラスとは違う。家族の一員だ」と愛しそうにカーコの頭をなでた。

 カーコが比嘉さん宅に来たのは昨年2月。まだ生まれて間もないころ、“カラス博士”の異名を持つという比嘉さんの友人に、喜瀬の山中で巣から落ちたところを拾われた。鳥好きの比嘉さんが「ぜひとも」と引き取った。比嘉さんは猫の餌に水を含ませ柔らかくした餌をあげて育てた。カーコは鳥かごの鍵を外して外に出るほど、体も頭も成長した。
 カーコは比嘉さんが大好き。比嘉さんの個人事務所付近に住み着き、仕事中の比嘉さんに構ってもらおうと窓をたたく。比嘉さんが車で事務所から出ると、寂しそうについて見送る。
 比嘉さんと話す人に嫉妬する。特に女性は嫌いで、比嘉さんに近づくと頭に乗っかって威嚇する。その様子を見た比嘉さんは「こいつはメスかもしれない」と直感したが、実際の性別は不明だ。
 喜瀬に住むほかのカラスたちとは仲が悪く、集団いじめにあったこともある。しかし、最近1羽だけカーコに会いに来るカラスがいたという。比嘉さんは「恋人(鳥)ができたかも」と喜んだが、それもつかの間。カーコは威嚇して追い出してしまった。
 「自分のことを人間だと思っているかも」と笑う比嘉さん。「頭はすごくいいが、ちょっとわがまま。もう少し人の気持ちを分かるようになりなさい」。わが子のように注意すると、カーコは反省するように小さな声で「カー」と鳴いた。(田吹遥子)