西表リゾート開発・営業差し止め訴訟

 西表島の住民と島外の人たちが2003年7月、開発企業ユニマット不動産(本社東京)などを相手に、リゾートホテル開発行為の差し止めを求めて提訴。3次提訴までに島民計71人のほか、県内59人、県外333人が原告に加わった。審理中の2004年7月にホテルが全面開業したため、原告側は建物撤去と営業停止に請求を変更している。