東恩納寛惇(ひがしおんな・かんじゅん)

 1882年10月14日、那覇市東町生まれ。1900年県立第一中卒業。05年第五高等学校文科第一部卒業。08年東京帝国大学史学科卒業。東京府立第一中学校(現都立日比谷高校)教諭、東京府立高校教授、拓殖大学教授などを務める。主な編著に「琉球人名考」「維新前後の琉球」「南島風土記」など。63年死去、80歳。