竹富島憲章

 祖先から受け継いだ伝統文化と美しい自然環境を後世に残すことを理念に「売らない」「汚さない」「乱さない」「壊さない」「生かす」という基本原則が設けられている。1986年3月に竹富公民館総会で採択された。それぞれの原則に細則があり「外部資本から守るために」という項目では「外部の観光資本が入れば島の本質は破壊され、民芸や観光による収益も住民に還元されることはない」として島外資本を受け付けないことを強調している。