経済

和モダンの高級ホテル開業 沖縄県本部町に 屋上テラスでBBQも

スタンダードタイプの客室(最大定員9人)=1日、本部町山川のカリーコンド美ら海

 【本部】沖縄県内で観光バスを運行する「カリー観光」(豊見城市、鹿川幸正代表)は1日、本部町山川に滞在型宿泊施設「カリーコンド美ら海」を開業した。管理運営はジョイ・ホテルマネージメント(北谷町、與古田勇二社長)が担う。カリー観光が宿泊施設を開業するのは初めて。

 5階建てで、スタンダード(最大定員9人)とツイン(最大定員3人)の2タイプ25室。海外観光客の利用を念頭に和モダンを基調とした設計。全室にキッチンや洗濯機、乾燥機などを完備した。1泊基本料金8万円から(スタンダードタイプ)。屋上テラスでBBQもできる。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内