社会

台風20号:沖縄本島、大東島にあす最接近 進路次第で暴風や警報級の大雨に

20日午前9時現在の台風20号の経路図(気象庁ホームページから)

 強い台風20号(ノグリー)は20日午前9時現在、那覇市の南約310キロにあって、1時間に約20キロの速さで北北東に進んでいる。21日にかけて沖縄本島地方と大東島地方に接近する見込み。台風の進路次第で、沖縄本島地方と大東島地方では暴風や大しけになるおそれがある。沖縄気象台は、強風やうねりを伴う高波に十分注意するよう呼び掛けている。

 台風の影響で、沖縄本島地方では北東の風、先島諸島では北の風が強く吹いている。沖縄本島地方は20日夜遅くから非常に強い風が、大東地方でも南東の風が強く吹く。予想される20日の最大風速は沖縄本島地方で20メートル(同30メートル)で、大東島地方で15メートル(同25メートル)、先島諸島で15メートル(最大瞬間風速25メートル)。

 20日午前9時現在、台風の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。風速25メートル以上の暴風域が中心から70キロ、風速15メートル以上の強風域は中心から北西330キロ、南東220キロにある。

 沖縄本島地方は21日にかけて多いところで1時間に40ミリ、大東島では30ミリの激しい雨が降る見込み。台風進路によっては21日にかけて警報級の大雨になるおそれがある。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス