経済

きょうから沖縄の産業まつり 那覇・奥武山で27日まで

奥武山公園の入り口に設営された「沖縄の産業まつり」のゲート=24日、那覇市奥武山町

 「うちなーの未来をつくる県産品」をテーマに、第43回沖縄の産業まつり(同実行委員会主催)が25日、那覇市の奥武山公園と県立武道館で開幕する。27日まで。屋内展示は午前10時から午後7時、屋外展示は午前10時から午後8時。490の企業や団体が参加し、それぞれの技術力やアイデアが詰まった県産品を多数出品する。

 海洋資源産業の現状や研究成果を伝える「海洋産業展」のほか、スマート農業の県内事例などを紹介する「次世代型農業と地域エネルギー」の展示、県内各地の特産品を紹介する「ありんくりん市」など多彩な出展がある。

 会場は一般駐車場がなく、那覇軍港西側の特設駐車場から奥武山公園駅前バス停、奥武山鳥居前臨時バス停をつなぐシャトルバスを運行する。実行委員会は公共交通機関の利用を呼び掛けている。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス