経済

「75BEER」きょうから販売 沖縄本島北部先行、12月から県全域 爽やかな香りと心地よい苦みが特徴

「75BEER」をPRするオリオンビールの宮里政一専務(右)=24日、オリオンビール名護工場

 【名護】オリオンビールは24日、名護十字路商店連合会と共同開発したプレミアムクラフトビール「75BEER(ナゴビール)」の商品説明会を、オリオンビール名護工場で開いた。宮里政一専務は「名護から全県へ、全国へともっていきたい」と意気込んだ。

 12月10日に県内全域で発売するのに先立ち、今月25日から北部地区の飲食店限定で先行販売する。全国展開も視野に入れている。

 オリオンの工場がある名護市にちなんだ「75BEER」はシークヮーサーを連想するような香りや心地よい苦みなどが特徴。昨年名護市内限定で販売し、人気を博した。より多くの人に飲んでもらおうと県内全域での販売を決めた。

 350ミリ缶のほか、334ミリ小瓶、10リットル樽を用意する。北部地区飲食店向けの先行発売では小瓶と樽を提供する。

 問い合わせはオリオンビール(電話)098(877)5050。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス