経済

銀行員はスーツにネクタイはもう古い? 海銀、11月からノーネクタイ試行 「既成概念取り払い、お客さまと接しやすく」

沖縄海邦銀行本店(資料写真)

 沖縄海邦銀行(上地英由頭取)は29日、11月11日から12月30日まで、一部店舗で男性行員のノーネクタイ勤務を試行すると発表した。

 県内地銀では初の取り組み。顧客からの反応などを見ながら、2020年1月以降も継続するかどうかを検討する。

 担当者は「銀行員はスーツにネクタイという既成概念を取り払うことで、柔軟な対応ができる行員を育てていきたい。お客さまも銀行員と接しやすくなる」と狙いを説明した。

 ノーネクタイは海銀本部と本店営業部、宮古支店、八重山支店に勤務する男性行員240人が対象となる。

 海銀は服装に関する規定で男性行員は夏服はかりゆしウエア、冬服はスーツにネクタイと定めている。

 全国的には、三菱UFJフィナンシャル・グループがノーネクタイなどのビジネスカジュアルを通年化したほか、三井住友銀行が9月に東京と大阪の本店勤務行員約7千人を対象に服装規定を廃止するなど、銀行業界ではお堅いイメージを脱してカジュアル化を図る流れがある。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス