スポーツ

FC琉球 小野、けが全治4週間 今季残り欠場も

FC琉球のユニホームを着けて入団会見に臨む小野伸二選手=8月11日、那覇市内

 サッカーJ2のFC琉球は30日、元日本代表MFの小野伸二(40)が右腓腹筋肉離れのけがを負い、全治4週間と診断されたと発表した。

 球団によると、小野は26日の練習中に負傷。琉球はリーグ4試合を残し、最終節のヴァンフォーレ甲府戦は11月24日にある。小野は残り試合すべてを欠場する可能性がある。

 8月にJ1北海道コンサドーレ札幌から完全移籍し、横浜FC戦で初出場した。上里一将と共に2ボランチで起用され、チームの攻守の要となっている。途中出場を含めて9試合に出場し、ピッチ内外で存在感を示している。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス