社会

出火原因、特定できず 県警・消防の実況見分終了 瓦の撤去に終始 あすも実施

初日の火災現場調査について記者の質問に答える那覇市消防局の山城達予防課長=31日午後5時45分ごろ、那覇市の守礼門付近

  那覇市の首里城で正殿など7棟が焼失した火災で沖縄県警や那覇市消防局は1日午後5時、初日の実況見分を終了した。火元とみられる正殿北側に焼け落ちた瓦の撤去に終始したため、出火原因の特定はできなかった。

  この日は、県警や市消防、総務省消防庁、消防研究センターから100人以上が午前中から正殿を中心に焼け跡を調査した。現場で関係者の事情聴取も行った。2日は午前10時から再度、現場で実施する。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス