スポーツ

1.7号竿で9キロのナミフエダイ

10月18日、奥武6番裏で9キロのナミフエダイを釣った田中修司さん

 10月19日、シマノから新しく発売された磯竿(ざお)1・7―530の実釣のために田中修司さんが来沖した。

 20日に慶良間の奥武の6番裏に田島と2人で渡った。午前中はグルクンやニジョウサバなどがポツポツ釣れたのみで、大物のアタリも2回あったが、針外れや、根ズレで魚の顔は見られなかった。

 潮が変わり始めた午前11時37分に田島さんが2・5キロのスマガツオを釣り上げると、田中さんも1・7号の竿を満月に曲げて2~3キロのスマガツオを連続して釣り上げた。

 午後0時13分に田中さんの竿が海面に突き刺さった。想定外の大物の引きで、竿は限界近くまで曲がったが、田中さんの巧みな竿さばきと、新しい竿のパワーでモンスターの引きに耐えた。3分後に海面に黄色っぽい巨大な魚が浮いた。これが本島ではめったに釣れないナミフエダイで9キロの超大物だった。

 公益財団法人日本釣振興会沖縄県支部の呼び掛けで全国一斉清掃デーの10月21日、名護漁港、都屋漁港、宜野湾新漁港、港川漁港の4カ所で釣り場の清掃が行われた。

 総勢452人が参加した。宜野湾新漁港では清掃後に、タマンの稚魚2500匹が放流された。

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)


10月18日、真栄田海岸で71・5センチ・4・34キロのタマンを釣ったチェウ・ヨンさん

10月27日、残波海岸で121センチ・12・2キロのマンビカーを釣った籾山哲朗さん


10月25日、伊是名遠征で72センチと62・5センチ他のタマンを釣った新垣さん、名嘉真さん、伊佐さん

9月24日、読谷海岸で71センチ・5・4キロのタマンを釣った池原和人さん


10月27日、喜屋武海岸で55センチ・1・87キロと52センチ・2・02キロのタマンを釣った真栄田寿さんと美琉希さん

10月25日、中部海岸で121・5センチ・23・25キロのロウニンアジを釣った具志堅翔さん


10月21日、残波岬で111センチ・7・06キロのマンビカーを釣った玉城守哉さん

10月25日、東村で75・2センチ・4・28キロのオニヒラアジを釣った平安座亮さん


10月29日、北谷海岸で80センチ・6・14キロのタマンを釣った伊野波盛也さん

10月21日、水辺感謝の日に港川漁港を清掃したGFG沖縄、港川漁協漁業協同組合、港川こども会、南部徳洲会病院の皆さん


関連するニュース

鵜沢さん11分間の死闘

2019年11月15日 17:11

各地でマンビカー

2019年10月25日 18:12

大会制したのは高校生

2019年10月18日 17:04

好ポイント「はての浜」

2019年10月4日 17:05






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス