社会

秋晴れの下、那覇の魅力再発見 ひやみかちなはウォーク2019

心地良い陽気の中、スタートする参加者=10日午前7時ごろ、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 健康増進とウオーキングの習慣化を目的に第6回那覇市健康ウオーキング大会「ひやみかちなはウォーク2019」(那覇市、琉球新報社などでつくる実行委員会主催)が10日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇周辺を発着点に開かれた。午前11時点で計2300人が参加した。秋晴れの下、街並みや都会の緑を楽しみながら歩き、那覇の魅力を再発見した。

 30キロコースに参加した福原飛鳥さん(38)=那覇市=は「走るのは大変だけど歩くことから始めようと思い、初めて参加した。那覇も意外に緑があると気付き、愛着が湧いた」と笑顔を見せた。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス