くらし

秋鮭にジンギスカン、スープカレー 期間限定!北海道の「食」が堪能できるお食事処が新報1階に 11月12~14日開店

 沖縄食糧(浦添市、中村徹社長)は、12~14の3日間、泉崎お食事処「でいご亭」を沖縄県那覇市泉崎の琉球新報1階広場「あじま~る」で開く。午前11時~午後7時。新米の「北海道産ゆめぴりか」や「金芽ローカット玄米」「お米屋の雑穀物語」と共に、北海道の食材を使った料理を楽しめる。提供するメニューはジンギスカン炒め、秋鮭自家製醤油麹焼きびたし、スープカレーなど。全て税込み500円で、米はおかわり自由。よつ葉乳業のソフトクリームも提供する。

 ホクレンと協力して「北海道秋の収穫祭」も同時開催し、野菜やウインナーなど北海道の農畜産物40種類を販売するほか、税込み300円で野菜の詰め放題も実施する。沖縄食糧営業部の宮良長樹さんは「ぜひ足を運んで北海道の食材と米を食べてほしい。3日間別のメニューを食べても楽しめる」とPRした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス