社会

首里城再建 31市町村が募金箱設置

 首里城が焼失してから2週間が経過し、沖縄県内各市町村による募金箱設置の動きが広がりをみせている。14日現在、31市町村が庁舎内などに独自で募金箱を設置した。8市町村が設置を予定、検討している。各市町村で、再建の願いを募金箱に託す県民が相次いでいる。


 募金箱設置済みの市町村は次の通り。国頭村、東村、大宜味村、伊平屋村、伊是名村、本部町、今帰仁村、名護市、金武町、読谷村、沖縄市、嘉手納町、北谷町、宜野湾市、浦添市、西原町、与那原町、那覇市、久米島町、豊見城市、南風原町、南城市、八重瀬町、糸満市、北大東村、粟国村、渡嘉敷村、渡名喜村、石垣市、竹富町、与那国町。市町村によっては役場庁舎に加えて図書館や公民館など複数箇所に設置している。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス