スポーツ
釣りへ行こう

鵜沢さん11分間の死闘

9日、那覇一文字北の新堤で2.1キロのスマガツオを釣った鵜沢政則さん

 千葉県在住の鵜沢政則さんはウキフカセ釣りの第一人者で全国的に有名な釣りの大御所。9日は慶良間の磯に渡る予定だったが、悪天候のため那覇一文字の北の新堤に変更し、午前6時に渡った。普段から人気のポイントだが、最近1人でカツオ6匹が釣れたときもあって、早朝からカゴ釣り師やフカセ釣り師でにぎわっていた。フカセ釣りではイラブチャーやトカジャー、ガーラなどがポツポツと釣れたが、大物はヒットしてもつり上げている途中で途中でサメに横取りされ、鵜沢さんも2回サメに横取りされた。午後3時の釣り終了の時間が迫った午後2時9分、鵜沢さんに3回目の大物がヒット、魚が海面で暴れるとサメに襲われる可能性が高くなるので、カツオが暴れないように海底近くで慎重に魚を寄せること11分、海面に銀色に輝くスマガツオが浮いた。

 3日、那覇一文字を舞台に第38回G杯争奪全日本がま磯(グレ)選手権予選会が行われた。グレ優先の検量対象魚5匹までの総重量を競うもので、白灯台でグレ(オキナメジナ)を釣った仲宗根英樹さんが優勝した。主な結果は次の通り

▽1位 仲宗根英樹 オキナメジナ1匹0・68キロ、32センチ
▽2位 東江龍次 トカジャー3匹1・0キロ、30センチ
▽3位 金城守 ヒレーカー1匹0・54キロ、34センチ

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


10月28日、残波岬で111センチ・6.53キロのマンビカーを釣った籾山諒子さん

5日、汀間漁港で41.7センチ・1.44キロを筆頭に3匹のチンシラーを釣った玉城博昭さん(爆釣妄想賊)


2日、宜名真海岸で122センチ・9.16キロのマンビカーを釣った栗国成之介さん(左)と田島快飛さん

4日、マイボート糸満沖で4.1キロと2.1キロのアカジンをマイボートのジギングで釣った仲西次男さん


3日、宜名真海岸で90.5センチ・17.1キロのアーラミーバイを釣った新垣幸輝さん

10日、宮城島で66.5センチ・6.56キロのマクブを釣った上原直人さん(珍福会)


3日、那覇一文字で32センチ・0.68キロのオキナメジナを釣ってG杯がま磯(グレ)選手権予選で優勝した仲宗根英樹さん

2日、那覇一文字で58センチ・2.83キロのガラサーミーバイを釣った新里光さん


10月27日、港川漁港で33.6センチ・0.3キロのボラと41.5センチ・1.07キロのカースビーを釣った知花創厳さんと具志幸麿さん

10月30日、慶良間沖で89センチ・6.36キロのオーマチや89.5センチ・6.32キロのトカキン他を大漁した鳥羽さん、親富祖さん、上門さん、田前さん、大城さん、安里さん、金城さん、島袋さん(進海丸)


釣りへ行こう

リベンジで17・68キロのGT

2019年12月13日 18:34

各地で釣り大会

2019年12月6日 15:42

嘉陽沖、磯マグロ3連発

2019年11月22日 18:59

鵜沢さん11分間の死闘

2019年11月15日 17:11

各地でマンビカー

2019年10月25日 18:12
関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス