社会

自転車で島の魅力満喫 シュガーライド久米島 きょう本番

地元ガイドの案内で集落内を回るなどポタリングを楽しむ参加者ら=23日、久米島町宇根(大城直也撮影)

 【久米島】久米島の豊かな自然を満喫し、タイムを競わずにサイクリングを楽しむ「第9回シュガーライド久米島2019」(同運営委員会主催、琉球新報社共催)が23日、久米島町で始まった。初日は県内外の12人が参加。地元ガイドの案内を受け、自転車でゆっくり集落を回るポタリングを楽しんだ。

 同町仲地の保久村昌欣さん(73)が案内人となり、謝名堂、宇根、真謝の3集落を自転車でぶらり。初めて久米島を訪れた中村泰三さん(50)=八重瀬町=は「沖縄本島とは情景も違って自然を満喫できた」と話した。

 本番の24日は、町真我里のリゾートホテル久米アイランドを発着点に、島を2周する100キロのアスリートコース、45キロのぐるっと1周コース、35キロのらくらく観光コースの3コースでサイクリングが行われる。県内外から約125人が参加する予定。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス