社会

逃走ボクサー犬を保護 自ら飼い主の元に戻る 沖縄県うるま市

 うるま署は28日、うるま市勝連平安名の作業ヤードから逃走していた雄のボクサー犬が発見されたと発表した。けが人はいない。

 同署によると、犬は24日午後5時ごろから25日午前3時ごろにかけて逃走していたが、28日午前9時半ごろまでに自ら飼い主の元に戻ってきた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス