芸能・文化

喜び胸に飛躍目指す 琉球・八重山古典芸能コンクール 491人に表彰状

賞状を受け取る最高賞受賞者=1日、那覇市の沖縄ハーバービューホテル

 第54回琉球古典芸能コンクール、第9回八重山古典芸能コンクール(共に琉球新報社主催)の表彰式が1日、沖縄県那覇市の沖縄ハーバービューホテルで開かれた。賞状を受け取った受賞者は、さらなる飛躍を目指すべく気持ちを新たにした。

 琉球古典芸能は舞踊、三線、箏曲、太鼓、笛、胡弓の6部門で計454人が受賞。八重山古典芸能は箏曲、三線両部門で計37人が受賞した。

 琉球古典芸能の三線最高賞に輝いた神谷清和さん(62)=八重瀬町=は「最高賞を受賞でき、特別なものとなった。受賞後の活動がポイントになると思うので、再スタートをするという気持ちになった」と話した。

 玻名城泰山社長は「受賞を機に、沖縄が世界に誇る古典芸能を継承する担い手としての自覚を新たにし、今後もさらに精進を重ね、なお一層実演家として飛躍されることを心より期待している」とあいさつした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス